すいとん作り

街の紅葉も色づき、朝晩冷えるようになってきました。

身障デイサービスでは、この時期にぴったりの食べ物「すいとん」を作りました!

まずは、粉に水を入れてこねます。

こねこねこねこね・・・ひたすらこねます。男性のご利用者様もここでは「主夫」ですね(^O^)

「まだかしら?」「もうちょっと水を足す?」「足していいの?」

頑張れ頑張れ!水気がなくなって耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねましょう!

さて、粉が出来上がるまで、野菜も切りましょう。「うまく切れないのは包丁のせいよ!」

そ、そんな~包丁だけのせいではないはず…(゚Д゚;)

いやいや、ちゃんと切れてます。

粉が出来上がったら丸めていきます。みんなで協力して丸めていきましょう。「意外と難しい。」「ちょっと飽きた。」

おいしいものを作るには、皆さんの力が必要なんですよ~。

「まだやるの?」

はい。粉全部使います。この後「え~!全部使うの!?」という声があがりました(´∀`*)

皆さんが一生懸命丸めたすいとんと、野菜を出し汁醤油と、砂糖などで味付け。(こちらは、職員が行いました)

いざ実食!!お味はいかがでしょうか?

「うまい!あったまる!!」「もちもちしてて美味しい!」

良かったです~。皆様の頑張りのおかげです。

「美味しいです!」「すいとんってこんなに美味しいものだった?」

「良いお味よ~」粉から練って、野菜も自分たちで切ったかいがありましたね。

「美味すぎて泣ける!!」そんなに感動してもらえるとは!!

 

皆で作ったすいとんは、粉を練るのも、野菜を切るのも一苦労でしたが、とても美味しく出来上がりました。

体も心もポカポカになりましたね。

残りあと一か月。身障デイサービスでは、年末に楽しいイベント盛りだくさんです(^▽^)/

職員も、利用者様も体調に気を付けて乗り切ります(≧▽≦)