彩光会

デイサービスでのコロナ対策

季節はいつの間にやら秋から冬へと変わろうとしています。

カレンダーも残すところあと一枚。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回は「デイサービスでのコロナ対策」を紹介します!

 

朝、ご利用者様にはご自宅での検温をお願いし、37.5℃以上の方はお休みをして頂いています。

熱がなく、デイサービスに来られる方は、通常通りご自宅に職員がお迎えに参ります。その際、ご利用者様にもマスクの着用と乗車前にも検温をお願いしております。

送迎車は、密にならない様乗車して頂き、窓を少し開けて換気を常に行っています。

 

また、車両の手すりなど、よく触れる所はきちんと消毒をしています。

 

施設到着後は、ご利用者様だけではなく、職員も手洗い消毒します。

 

 

よーく洗って、しっかり消毒します!部屋に入り、お席についたら検温します。ここで37.5℃以上あった方は、帰宅の措置を取らせて頂いております。

座席では、テーブルに飛沫防止のため、対面になる場所にアクリル板を立てています。部屋は換気の為、随時窓を開けています。

 

 

密にならない座席配置として、横並びで座っています。

また、お食事前や、おやつの時間前には、テーブルを消毒して回ります。

もちろん利用者様も、手洗い消毒を行って頂いています。

 

その他、施設内の手すりや扉の取手、トイレの便座などは、毎朝、毎夕、次亜塩素酸でしっかりと拭いています。

職員は、毎朝出勤前と出勤後に検温し、少しでも体調に不安がある場合は、勤務をしません。

 「感染しない、させない」

をモットーに、ご利用者様に安心してご利用頂けるよう取り組んでいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

埼玉中央よみうり新聞に「あけぼの」が掲載されました。

埼玉中央よみうり新聞(2020年10月23日号)医療・介護の耳より情報コーナーにあけぼのが掲載されましたのでご案内をいたします。

出典:埼玉中央よみうり新聞 2020年10月23日号

【20201023】埼玉中央よみうり新聞記事(岩崎太郎)

AED&心肺蘇生法講習

今年は、コロナウイルス感染防止バージョンで教えて頂きました。

乳児用

幼児用

いざと言うとき困らないよう、真剣な取り組み

日本赤十字の講習を 年に一度受講しています。

萩さんとみかんの木(居宅)

萩さんのお宅のお庭には、大きなみかんの木があります。

秋にはたくさんの実をつけてくれます。

萩さんはみかんの実が大きく実って色づいてくると

鳥がみかんの実をつついて食べてしまうのではないかと

心配でなりません。

朝早くから息子さんに電話をしてきて、早くみかんの収穫を

するように言ってきます。

息子さんは萩さんとみかんの収穫する日を約束します。

「じゃあ、来週の日曜日に収穫するよ」 

でも、萩さんは約束の日まで待ちきれません。

「早くしないと、みかんの実が鳥につつかれちゃうよ」

 

今年もたくさんのみかんが実りました。

ご近所やお世話になっている方に少しづつ配ります。

みかんをひとつ剥いて食べると、瑞々しくて甘酸っぱい香りが

いっぱいに広がりました。

みかん一つ一つに、萩さんの感謝の気持ちが溢れています。

                    by M・A

食欲の秋~茶碗蒸しを作ったよ♪~(特養1F)

 

日々様々なレクリエーションがありますが...

秋と言ったら「食欲の秋!」ですよね♪

 

今回は「茶碗蒸し」づくりに挑戦しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分量を間違えないように慎重に注いでいきます。

 

蒸すこと数十分・・・

 

見事完成♪

 

 

 

 

 

自分で作った茶碗蒸しのお味はどうでしょうか?

 

次は何を作ろうかなぁ~と今からワクワクしています♪