上尾市平方地域包括支援センター

介護予防教室を行いました(平方地域包括)

IMG_1529

9月30日、西上尾第二団地集会場大ホールにて、介護予防教室を行いました。

IMG_4247

「特別養護老人ホームあけぼの」の齋藤作業療法士が講師となり、

〜 みんな若返ろう 自宅でできる介護予防 〜 

をテーマに開催しました。

 

前半は「介護予防」の講義を行いました。

 

 IMG_7733後半は転倒予防の体操を参加者さんと一緒に行いました。

講師が、即席の舞台に上がり、実技の見本を見せながら体操を行いました。

 

 

 

 

IMG_0143

殆どの体操は椅子に座りながら行い、皆さん一つ一つの体操の効果にうなづいて確認している様子でした。

 

休憩時間には、熱心に講師に質問する参加者さんの姿もありました。

 

 

22名の参加者の皆様、ご参加ありがとうございました。

ぜひ、今回学んだことを、1つでも2つでも、ご自宅で続けてみてください。

 

西上尾第二団地自治会、支部社協、ご担当者の皆様、大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

認知症予防啓発教室を行いました(平方地域包括支援センター)

5月22日平方公民館において”人権講座〜認知症について学ぼう〜”で、認知症予防啓発教室を行いました。

DSCN0076

認知症については、皆さんご興味があるようで、なんと73人もの方にご参加いただきました。これほど大勢の方々にご参加頂いたのは初めてだったので、ちょっと緊張いたしました。

 

「認知症について」「認知症の人への対応について」「認知症の予防について」の講義とDVDをご覧頂きました。DVDでは音声状況が悪く、聞きずらく、大変申し訳ありませんでした。

DSCN0083

DSCN0084

 

 

 

 

 

最後に「折りたたみパズル」を頭の体操として行いました。

IMG_0672

1番から順に8番まで、4面同じ番号を合わせていきます。

最初は簡単ですが、5番7番8番が難しく、皆さん黙々とパズルに集中です。

 

IMG_0671包括職員が種明かしをしようとすると、「それでは意味がない」と、ご意見が出ました!!

確かにその通り!!自分で考える事に意義がありますね・・・。

ご参加頂いた皆様、8番まで組み合わせできたでしょうか?

たまに思い出したようにパズルをして頭の体操をしてください。

それから、あのパズル、色を塗って頂くともっと使いたくなるかもしれません!

IMG_5186

ご参加頂きました皆様、平方公民館の担当者の皆様、どうもありがとうございました。

認知症予防啓発教室を行いました(包括)

image110月23日に丸山団地集会場のサロンで認知症予防啓発教室を行いました。

 

「認知症について」地域包括支援センター職員による講義とDVDで楽しんでいただきました。

 

  image3教室の最後には頭の体操として、折りたたみパズル遊びを行いました。

 

まずは自分のパズル作りから始まります。IMG_0454

参加者皆さんにパズルに色付けをしていただき、それぞれ個性的なパズルが出来上がりました。

さあ・・・いよいよパズル合わせの始まりです。

 

1番から順に4面同じ絵を合わせていきますが、だんだん難しくなり皆さん悩んでパズルとにらめっこです。IMG_0455

包括職員も一緒になって悩んで、教室は大盛り上がりとなりました。

 

 

ご参加いただきました皆様、準備をしていただいた役員の皆様、どうもありがとうございました。

10月2日 みのり倶楽部が始まりました(平方地域包括支援センター)

 会場は「あけぼの」で10月から2月まで、毎週木曜日の午前中、合計20回の教室です。
 今年は、昨年のほぼ倍近い20名弱の参加者さんが来て下さることになりました。
 前半、後半と2グループに分かれて教室を開催する事になり、10月2日の初日には慣れずにバタバタとしてしまいました。 ご迷惑かけてすみませんでした。
 昨年に引き続き、歌に合わせた軽体操やドリル、音読、昔語り、ゲームなどを行う予定です。
 参加者さん、リーダーさん、ぜひ皆さんで楽しんでいただきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

01

訪問入浴のデモに参加しました(居宅・包括)

介護保険の在宅サービスの中に、訪問入浴というものがあります。この訪問入浴サービスは諸々の事情で家のお風呂に入れない方、またはデイサービスなどの利用が困難な方でも、家の中に専用の浴槽を持ち込み安心して家で入浴できる介護サービスです。

先日、平方地域ケアマネ会の中でアースサポート株式会社のスタッフの方々による訪問入浴のデモンストレーションがありました。その内容を紹介させて頂きます。

 

入浴前にバイタルチェックを行い、服を脱がせたら、さてさて入浴の開始です。

DSCF5001

介助スタッフは3人(1人は看護師)です。通常2人がかりで利用者様を寝床から抱き上げ浴槽に入れます。

お湯は直前にはっておきます。入浴剤を選ぶ事ができます。

  

 DSCF5006お湯に入って温まったら、まず洗顔から始めます。きれいに拭いてもらって気持ち良さそうです。

 

  DSCF5007並行して他スタッフが身体も洗っています。

腋の下、足先、陰部など、隅々まで残しなく洗ってくれます。

 

 

 DSCF5010洗髪です。モデルさんも気持ちよくて寝てしまいました。(?)

 

  DSCF5012背中とお尻は、身体を支えながら横を向かせ丁寧に洗います。

なかなかの重労働です。スタッフの皆さんの額に汗が出ていました。

 

DSCF5017

2人で抱きかかえてお湯から上げます。入浴時間は約10分でした。

 

  DSCF5018寝床に寝かせて、この後バスタオルで身体を拭き、服を着せて終了です。

 

 浴槽入浴は日本独特の文化であり、他国ではこのようなサービスはないようです。大掛かりになりますが、日本人なら例え寝たっきりになったとしても、温かいお湯に浸かってみたいと思いますよね!

  アースサポート株式会社の皆様、お忙しい業務の合間に実演ありがとうございました。

我々ケアマネにとっても実際のサービス内容を見れるのは良い勉強となりました。